読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cluck の家

cluck(コッコ)は雌鶏の鳴き声。米俗で「まぬけ」という意味もあるようです。そんなコッコ(私)と子供達のお家です。

古い記憶で妹に感謝

今週のお題「一番古い記憶」

 

今までに、私は5回引っ越しました。

初めは1歳の時、2回目は5歳の時、3回目は8歳の時。

4回目は結婚した時、5回目は子供が出来た時。

 

流石に1歳までの記憶はありません。

古い記憶は5歳まで住んでた頃の記憶です。

そこはアパートで、目の前に公園があり、近くには駄菓子屋、隣りの家には大きな白い優しい犬がいました。

一番古い記憶は・・

ブランコで勢いつけすぎて落ちた事でしょうか?

木登りしてて落ちた事でしょうか?

隣りの大きな白い優しい犬が亡くなって大泣きした事でしょうか?

時期が分かるのは・・

4歳の頃、公園で遊んでたら凄くお腹が痛くなり、近所のお医者さん連れていかれ、先生が「早いけど・・やっぱり盲腸炎だ」という事で、1駅隣りの病院で緊急手術。

覚えているのは、母が私を抱っこして走ってて、その後ろから2歳年下の妹が母の大きなバッグを抱えて走ってついてくる姿と、幼かったため全身麻酔となった中で見た夢。蒸気機関車が走ってた・・本物を見た事なかったのに・・(^^;)

 

2歳年下の妹は当時2歳。自分の子供が2歳になった時「この子は大きなバッグを抱えてついてこれるだろうか・・?。ムリかなぁ・・(^^;)」と、人知れず妹に感謝しました。

今度、妹に焼酎プレゼントしようかな~(o^^o)