読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cluck の家

cluck(コッコ)は雌鶏の鳴き声。米俗で「まぬけ」という意味もあるようです。そんなコッコ(私)と子供達のお家です。

JR西日本じゃなくてスミマセン

特別お題「心温まるマナーの話」 by JR西日本
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/jrwest


残念ながら、関東に住む私にはJR西日本のエピソードは皆無です(^_^;)。


私は、高校受験の際、2つ条件を決めて学校を選びました。

1.自分の学力でも入れそうな学校

2.下り電車で通える学校

です。


1つ目は、

内申書に期待が持てなかったため、私立高校を第1志望と考えていました。

今みたいに「都立高校の授業料は無料」だったら、親も「都立高校に行ってくれ〜」と言ったかも知れませんが、たぶん当時はそれ程大きな差が無かったのだと思います。

内申書に期待できないくらいなので、学力は・・そんなもんです。


2つ目は、

都内の通勤・通学電車は、超満員です。

人混みを得意としないため、毎朝、満員電車に乗る自信が無かったからです。


母親が3つ目の条件を言って来ました。

3.共学の高校を選ぶ事。


母自身は女子高だったそうです。

母が言うには「女だけの世界は怖いぞ〜」でした。


結局、私は高校・大学と神奈川県にある共学の学校へ行きました。

勿論、下り電車です。


神奈川県と言っても、横浜のような街でなく、田舎の方です。


午前中、電車に乗って学校へ向かっていたら、急に電車が止まりました。

暫くして、車内放送が流れました。

「只今、前方の線路上に犬が居ます。居なくなるまで、暫くお待ち下さい。」


先頭車両に乗っていた私は、様子を伺ってました。

電車から車掌さんが降り、犬に向かって走ってました。

車掌さんが追いかけると犬は逃げます。

逃げるのは、電車の進行方向線路上。

そんな追いかけっこが暫く続きました。

何分くらい止まってただろう?。


「大変お待たせ致しました。犬が、無事に線路から退いてくれたので、発車致します。」

そんな感じのアナウンスが流れたと思います。

誰も文句を言う人は居ませんでした。

「良かったね」の声はあったと思います。


その時の車掌さんもお疲れ様でした。


JR西日本の話しじゃなくてスミマセン。

マナーの話しでも無かったですね(^_^;)。

でも、その時、ほのぼのとしたのを覚えています。

その時、一生懸命に走っていた車掌さん、本当にお疲れ様でした。