読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cluck の家

cluck(コッコ)は雌鶏の鳴き声。米俗で「まぬけ」という意味もあるようです。そんなコッコ(私)と子供達のお家です。

雑草天国でネジバナ発見(^_^;)

最近の小学校では、理科の教科が3年生から始まる。

我が家の息子も3年生になり、新しく始まった『理科』について嬉しそうに話していた。

習ったばかりの草花について、ドヤ顔で質問してくる。

「ママ〜。時計草って知ってる?。」

「知ってるよ〜。」

「見た事ある?。」

「見た事あるよ〜。」

息子が残念そうな顔になる。

(ふふん♪。結構、人様のお庭に咲いてるもんね。)

続けて聞いてくる。

「ママ〜。ネジバナって知ってる?。」

「えっ。知らない。どんな花?。」

理科のテスト用紙を持って来て、載ってる写真を指差しながら

「これだよ。ママ知らないんだ〜♪。」

息子の顔が、再びドヤ顔になる。

今回のテストの点数は良かった。

(そっか。これを見せたかったのか。)

写真のネジバナは、ピンクの小さい花が茎を回りながら登るように幾つも咲いている。まるでネジ釘のネジ山のように配置されている。

「やっぱり見た事ない。」と答える。

これは、4月か5月の話しです。


その後、理科の内容が草花から昆虫に変わり、テストの点数は落ちた。

「理科キライ。だって虫キライだもん。」

(ハイ。ハイ。でも虫の足が何処から生えてるか・・そのくらい覚えようね(^_^;)。)


6月下旬、息子が帰って来るなり私を呼んだ。

「ママ〜。ママ〜。来て、来て〜。うちにネジバナが咲いてる〜♪。」

私も外に出てみる。

息子が指差してるのは、最近、放置しているプランター

草丈15cmくらいの茎にピンクの花が付いている。

「これがネジバナか〜。始めて見た。」

ネットで調べてみると、最近は雑草と見られているらしい。

(これも、見えていたのに見てなかったんだな・・と思う。)

「始めて記念に写真を撮っとこうか。」

「撮って。撮って。」

息子の発見を記念してスマホで写真を撮る。

パチリ。

f:id:yofuke_no_cluck:20160627163048j:plain

これが我が家に生えてたネジバナです。

周りにはギシギシ他・・(ー ー;)。

我が家は、雑草天国だな。