読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cluck の家

cluck(コッコ)は雌鶏の鳴き声。米俗で「まぬけ」という意味もあるようです。そんなコッコ(私)と子供達のお家です。

夢と挫折

今回は、父の『夢と挫折』を少し。



父は、九州の田舎町で、9人兄弟の末っ子として生まれました。

(9人って・・凄いです(^_^;)。)


「東京の大学へ行きたい。」と言った時、

父親(祖父)に「長男が大学へ行ってないのに、弟を行かせる訳には行かない。」と言われたらしいです。

それでも、父の母親(祖母)が幾らか用意してくれ、家出に近い感じで上京し、東京の大学へ通ったそうです。

父は「米を担いで東京に出て来た。」と言ってましたが、真相は分かりません。


バイトしながら大学に通ってましたが、3年生の時にとうとう金も体力も力尽き、中退したそうです。

九州へ帰れず、そのまま東京で仕事しながら司法試験を受け続けていました。

当時、『父の夢は弁護士になる』だったらしいです。


受からないまま30歳を過ぎ、東北から出てきた10歳ほど年下の女の子と出会いました。それが母です。

父が言うには「昔はポチャポチャとして可愛かった。」らしいです。

(私が知ってる母は、『可愛さ』とは無縁で『肝っ玉母さん』の印象です。近所や仕事関係のオジさん達が「おっかあ(母)居るか〜?。」とお茶を飲みに来る感じで・・。ポチャポチャよりボンボンボン。こけし人形よりダルマさんですけどね(^_^;)。)


母の妊娠が分かって、九州を出てから初めて里帰りしたそうです。

その時には父親(祖父)は他界、母親(祖母)も元気と言えない状態だったようです。

前に父が「最後に母親を安心させてあげられて良かった。」と言ってました。


そして私が生まれ、その後妹が生まれました。

私が幼い頃までは、家に本がいっぱい有り、父が勉強してたのを覚えています。

子供が大きくなって来ると生活に安定が求められて来ます。

結局、司法試験に受かる事なく、全く別の仕事を始めました。

たぶん、これが『父の大きな挫折』だったと思います。


その後、私と妹には年2回の旅行が待ってました。

だいたい夏休みに東北、冬休みに九州でした。

たまに反対になります。

旅行と言っても親戚の家に泊まるので、宿題持参の長期です。

九州も東北も大好きです。


今回は父の話なので九州での冬休みを少し。

朝飯から牡蠣がドンブリに山のように入ってたりしました。

ナマコもオカズの定番でした。

海が直ぐ近くなので、釣りにも連れて行って貰いました。

なんと言っても親戚が多いので、お年玉も最高でした。


今年の夏休みは、久しぶりに九州へ行って来ます。

我が家の子供たちにとっては、初めての九州です。


Netflix火花お題「夢と挫折」

Sponsored by Netflix