読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cluck の家

cluck(コッコ)は雌鶏の鳴き声。米俗で「まぬけ」という意味もあるようです。そんなコッコ(私)と子供達のお家です。

『ポケモンGo』をやってみた

風呂あがり、『ポケモンGo』 ダウンロードしてみました。


ポケモンゲームは、ブラック・ホワイトの代までしかやってませんでしたが(私がホワイト、娘がブラックでした)。久しぶりに見たポケモンは可愛かったです。

ポケモンGoでの初ポケモンヒトカゲにしました。

f:id:yofuke_no_cluck:20160723001716j:plain


ダウンロードしたものの、

「どうやってレベルUPするんだ?」

「どうやってポケモン探すんだ?」

など、調べてると子供たちに見つかり、

「ママ何やってるの〜?」

「私もポケモンゲットしたい❗️。」

「僕もポケモンゲットしたい❗️。」

(やっぱり、そうなるよね(^_^;)。)


「ちょっと貸して〜。」

「どうやってポケモンゲットするの?。」

「どうやってポケモン探すの?。」

「この青いの何?。」

(分らないから調べてたんだけど・・。)


画面右下で『近くに居るポケモンのシルェット』を確認できる。だからと言って、直ぐにゲット画面になる訳じゃない。

直ぐ近くに居たら、スマホが振動する。


ポケモンゲットチャンスの画面になったらモンスターボールを投げる。

1回投げるまでポケモンは、逃げない。

ポケモンの周りの輪の色が青いと逃げにくい。

輪の色が赤いと逃げやすい。


地図上の青い四角は『ポケストップ』と言って、公園などの公共施設にある。

ポケポストに行くと、モンスターボールや卵などが手に入る。


地図上のポケモンが立ってる場所は、ポケモンバトルができるジム。

但し、レベル5以上でないと参加出来ない。



分かったのは、こんな感じ。

どうやら、家で座ってても簡単にはポケモンに会えない。

風呂あがりなので、私も子供もパジャマ姿。

上着を羽織り、3人で夜の散歩に出た。


少しウロつきながらポケポストに向かう。

小さな公園がポケポストになっていた。

ポケポストでは、モンスターボール2個と卵1個ゲット。


ポケモンには会えないまま帰宅。

ポケモンも寝てるかもね(^_^;)。」

明日は、昼間に散歩しようかな。

ポケモンゲットできるとイイな。