読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cluck の家

cluck(コッコ)は雌鶏の鳴き声。米俗で「まぬけ」という意味もあるようです。そんなコッコ(私)と子供達のお家です。

たまには・・

先日、小6娘が「みんな、今年は小学生最後だから海外旅行に行くんだって。」と言って来た。

(おいおい。あなたの「みんな」は何人だよ〜。)

と思いながらも「海外は難しいけど、何処か旅行したいね。」と言う。


我が家の子供達は、海外どころか、飛行機にも新幹線にも乗った事が無い。

家族旅行は、車で行ける近場に2泊3日が今までの定番だ。

休日のお出かけも殆ど無い。

1番の問題は、超出不精の主人(^_^;)。


平日は9時過ぎに起きる。

夜中はゲームをしてるから、いつも寝不足。

休日は午後に起きる。

下手すると夕方まで寝てる。


今日は土曜日。

私は娘の試合で、朝から外出。

と言っても、朝、私が起きた時には主人はまだゲームをしてた。


息子が食べれるようにおにぎりと手紙を用意しておく。

「14:30にはパパを起こしてね。」と書いて・・。

結局、息子は15:00に起こしたらしい。

18:30夕飯。

19:30にはリビングで横になり高いびき。

それから5時間。只今、昼寝?中。

たぶん、そろそろ起きてゲームを始めるだろう。


ずっとそんな感じだから、休日も何処にも行けない。

たまに娘が「お出かけしたいな〜。」と言うが、夕方からしか「家族でお出かけ」できない。

せいぜい夕飯を食べに行くくらいしかできない。


主人は「イイよ〜。起こしてくれたら、いつでも出かけるよ〜。」と言うが、(ムリだろう!。)と心の中で叫ぶ。

月曜日から元気に働いてもらうためにも睡眠は必要だ。


たまには主人から

「明日は、ここに行こう。あそこに行こう。」と言って貰いたいものだ。

たまには主人から

「明日は出かけるから、早く寝よう。」と言って貰いたいものだ。

たまには・・。


子供達はどんどん大きくなる。

家族の思い出を作れる時はもうそんなに多くない。

たまには、主人におねだりしてみるか。